本文へ移動

施設のトピックス

施設行事の報告一覧

ナーシング 「大分県高齢者福祉施設実践研究大会」 実践発表 優秀賞受賞
2018-12-27
 実践発表を振り返って
ヒヤリハットサインは記入を始めて5年がたちます。はるかぜ特有のものであり、この題で発表ができるのかと思いましたが、職員の皆さんが気づきを記入してくれたことで、いろんな題材が見つかったおかげです。他施設もすばらしい内容発表があった中で良い結果につながり、大変うれしく思っています。ありがとうございました。
                      植山 孝子
 
 
発表当日に風邪を引いてしまい、声が枯れ聞き取りづらかったと思います。しかし、皆で意見を出し一年以上かけ準備してきた結果、優秀賞という大きな賞をいただく事が出来、大変光栄に思います。
とても緊張しましたが、思い返すととても充実した、そして成長出来た時間となりました。今回の経験を生かして日々の業務役立てたいと思います。
 
                     一力 祐香
 
 今回、実践発表会で優秀賞を頂きとても光栄です。
植山チーフが発信し取り組んできたヒヤリハットサインを土台に1年間かけてまとめ、周囲のアドバイスを頂きながら発表するまでに至りました。
何度も発表の練習の場に付き合ってくれた皆様ありがとうございました。
初めての経験で制作や文章作成など難しいと悩んだこともありましたが、とても楽しかったです。
このような機会を与えて下さり心から感謝します。
ありがとうございました。
                
 
                       古田 祥子
社会福祉法人洗心会
別府高齢者総合ケアセンター
はるかぜ
〒874-0833 大分県別府市鶴見8組-5
Tel.0977-26-1165
Fax.0977-22-6202
TOPへ戻る